英語教材選びの味方

中学、高校生の時は英語の授業が大嫌いで
まともに勉強したことなんてありませんでした。
嫌いな理由は簡単です。内容がどうしても頭に入ってこないのです。
英語なんて勉強したところで
どうせ使うことはないだろうと、その時は思っていました。
社会人になった今、その頃の自分の考え方にとても後悔しています。
現代の社会にとって、
英語は必須アイテムといっても過言ではありません。
私は社会人になってからすぐに英会話教室に通い始めました。
ですが、やっぱり学生の頃と変わらず、
どんなに先生の話を聞いても頭に入ってくることはなく、
英会話教室は長く続くことはありませんでした。
英語教材セットもいくつか試したのですが
結果は英会話教室同様、やはり長くは続きません。
私は英語を喋ることはこの先一生無いんだなと諦めていたのですが、
そんな矢先に、この速聴英語教材に出会ったのです。
スピードイングリッシュは3000以上の教材から、
自分に合った教材を選ぶことができるのです。
私は通勤の時も勉強ができるように
iPhoneで使える英語教材をダウンロードしました。
今までにないくらい勉強が進んで、今では日常会話程度の英語を
身に付けることができました。
英会話で悩んでいるみなさんには是非スピードイングリッシュを試してほしいです。




英会話の講座を毎回ラジオ保存ソフトで録音するという勉強法が効果的です。
日本人に人気があるライブストリーミングのニコ生を録画して珍場面を投稿するのが流行っています。
PDFパスワードを解除してみたら印刷や閲覧できなかったファイルを開けました。
動画のデジタル著作権管理解除ツールの存在を知ってからDMMを積極的に保存するようになりました。
DVD高速エンコードに必要なのはパソコンのスペックではなくソフトの性能です。

Comments are closed.